プロペシアの副作用|薄毛を予防するアイテム

男性型脱毛症に効く

髪を梳く人

DHTを抑制する

薄毛で多いのが男性型脱毛症(AGA)です。男性型脱毛症は、主に男性ホルモンのテストステロンが活性化し、5αリダクターゼという酵素と結びつくことで発症します。テストステロンと5αリダクターゼが結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)が発生し、ヘアサイクルを乱します。男性型脱毛症を予防するには、DHTの発生を抑える必要があります。プロペシアは、DHTを抑えるのに有効な飲み薬です。薄毛治療をしている医療機関に行って男性型脱毛症と診断されれば、処方箋を出してもらえます。ただし、副作用が出る恐れがあるので、事前に肝機能の検査を受ける必要があります。プロペシアは、検査で副作用が出ないとわかった人だけが出してもらえる薬です。

飲むときの注意点

プロペシアを飲むことで男性型脱毛症の予防ができます。しかし、少なからず副作用が出る場合があります。よく報告されている副作用には、頭痛、吐き気、倦怠感などの他に、生殖機能の低下があります。プロペシアは男性ホルモンをコントロールする薬なので、少なからず男性機能に影響が出る場合もあるようです。また、妊婦がプロペシアを服用すると生まれてくる胎児に影響が出るため、女性の服用は禁止されています。医療機関で出してもらえば医師に診てもらえますが、個人輸入サイト経由で購入する場合は自己責任になります。また、偽物を販売しているサイトがないとも限らないので、なるべく大手で評判のいい個人輸入サイトを利用することをお勧めします。