プロペシアの副作用|薄毛を予防するアイテム

人気のAGA治療薬

メディシン

男性型脱毛症を治す薬

プロペシアは男性の薄毛、「男性型脱毛症(AGA)」の予防効果がある医薬品です。男性型脱毛症になると、頭頂部や前頭部の抜け毛が増えます。これは、その部分にある5-αリダクターゼという酵素が発毛サイクルを狂わせるためです。プロペシアには5−αリダクターゼを抑えて、発毛サイクルを正常にする効果があります。ほとんどの薄毛治療をしている病院で、プロペシアが手に入ります。ただし、肝臓に負担がかかる場合があるので、検査をして副作用のリスクが少ないと判断された場合に限ります。また、インターネットがあれば、輸入代行サイトを経由して個人輸入することもできます。個人輸入のほうが、病院よりも価格が安い傾向があります。

取り扱いの注意点

男性型脱毛症の予防に大きな効果があるプロペシアですが、副作用が出ることもあるので、自己判断で飲むときには十分に注意する必要があります。副作用には、頭痛、めまい、吐き気、肝機能障害、性欲や生殖機能の低下などがあります。副作用が出るとしても程度は軽く、服用するのを止めればもとに戻ります。女性のプロペシアの服用は固く禁止されています。妊娠中の女性が服用することで、生まれてくる男児の生殖器に障害が出る可能性があるからです。触ることで皮膚からプロペシアが浸透して体内に入るので、触ることも禁止されています。プロペシアの飲み薬や、プロペシア配合の育毛剤などは、女性の手が届かないところに保管しておく必要があります。